​NEXT EVENT

次回公演

bakucla#96_hou.jpg

​2021年11月3日(水・祝)21:00〜

爆クラin DOMMUNE​<第96夜>「ダンス交響詩『ツバメ・ノヴェレッテ』をつくっちゃったので、クラシックの中に生息する森ガール的感性の話」

出演:コトリンゴ(音楽家)、杉田元一(ゲストDJ)、湯山玲子(主宰・ナビゲーター)

 

クラシック音楽の新しい聴き方を提案し続けている<爆クラ>ですが、この度、また新しい試みに挑みます。それは、「ポピュラー音楽ジャンルで活躍するアーティストたちに、クラシックのスタイルで楽曲を作ってもらう」というもの。すでに爆クラは、2016年と2017年に世界的なDJ/プロデューサー、ジェフ・ミルズ作の交響曲の日本におけるコンサートをプロデュースしていますが、そのコンセプトを本格的に展開させていこうとするもの。

その第一段がコトリンゴ作のダンス交響詩『ツバメ・ノヴェレッテ』。2013年に彼女がリリースした同名アルバムは、仲間たちの色合いとは違う白いツバメが主人公のまるで短編映画のようなイマジナブルな世界が展開します。オーケストラの楽器の音色をフルに使い、使い打ち込みを駆使された豊かな世界は、ロシアの作曲家たちや、シベリウスにも通じるユーラシア大陸的な響きがあって、「いつかこれをナマのオーケストラで聴いてみたい。それも舞踊劇で!」という思いが、12月19日(日)、岐阜県・高山市民文化会館大ホールにて実現することになりました。コトリンゴさんの参加はもちろんの事、ソロダンスに、ベジャール、マシュー・ボーン作品などで活躍する世界的なダンサー首藤康之、男声コーラスにTHE LEGEND選抜メンバー、アンサンブル金沢のオ−ケストラという最高の布陣が現在、各々の表現で格闘中。

さてさて、そういう前置きはさておき、今回の<爆クラ>は自作の初のオーケストラ化に挑んだ、コトリンゴさんにそのフレッシュな苦労話をお聞きするとともに、ツバメつながりで「鳥と森と少女」という実はクラシック音楽に頻出するモチーフを追求。マトリョーシカ、天然酵母のパンが大好きな森ガール、そういう森ガールを「オレが守る」と燃える男性は必見なり!!

DJは藤倉大、小菅優、武満徹作品などの名CDを世に送り出した、現在もクラシック界を代表するレコーディング・プロデューサーとして大活躍の傍ら、100枚以上のロックやテクノのライナーノーツを執筆するなど、博覧強記で知られる杉田元一。

__________________________

■ゲスト:コトリンゴ

5歳からピアノをはじめる。
バークリー音楽大学に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。
2006年、坂本龍一がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる『にちよ待ち』がオンエアされ、 坂本龍一プロデュース「ロハスクラシックコンサート」に出演。
同年、坂本龍一プロデュースのシングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。以降、現在までに9枚のサウンドトラックアルバムを発表。
最新オリジナルアルバムは、2017年発売の「雨の箱庭」。
2016年11月に公開し、ロングヒットのアニメーション映画「この世界の片隅に」のテーマ、劇中歌、BGMの全ての音楽を担当し、第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞、第71回毎日映画コンクール音楽賞、おおさかシネマフェスティバル2017音楽賞を受賞。
映画の世界を表現した「すずさんとハナウタライブ」が好評を得て、全国各地で開催。
現在は映画、ドラマ、アニメのサウンドトラックや、CMなどを手がけ、演奏のみならずオーケストラアレンジの表現も深め、音楽家として高い評価を受けている。
また、近年はナレーションなど、声での表現の幅も広げている。
2018年には初の海外ツアーでアルゼンチンを訪れ、全6公演を大成功させ、海外での評価も高まっている。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして活躍中。

__________________________

■ゲストDJ:杉田元一(すぎたもといち)

1961年生まれ。1984年から音楽雑誌「週刊FM」「レコード芸術」「POP GEAR」「What’s In?」「What’s In ES」の編集に携わりながらさまざまな雑誌へ寄稿、また100枚以上のロックやテクノのアルバムライナーノーツを執筆。現在のメインワークはクラシックとジャズのレコーディング・プロデューサー。主なプロデュース作品に「伶楽舎/武満徹:秋庭歌一具」「小菅優/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」「吉田誠&小菅優/ブラームス:クラリネット・ソナタ集」「前橋汀子/J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」「吉田次郎/Red Line」「クリヤ・マコト、納浩一、則竹裕之/アコースティック・ウェザー・リポート」「THREESOME/Cubic Magic」「藤倉大/グローリアス・クラウズ」などがある。手がける作品のほぼ全てをスーパーオーディオCDでリリースするハイレゾ・エヴァンジェリスト。

__________________________

 

■主宰・ナビゲーター:湯山玲子(ゆやまれいこ)

学習院大学法学部卒。著述家、プロデューサー。

著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫)、上野千鶴子との対談集『快楽上等! 3.11以降の生き方』(幻冬舎)。『文化系女子という生き方』(大和書房)、『男をこじらせる前に』(角川文庫)等。

TBS『新・情報7DAYS ニュースキャスター』等に出演。

自らが寿司を握るパフォーマンス<美人寿司>、クラシック音楽の新しい聴き方を提案する<爆クラ>主宰。ショップチャンネルのファッションブランド<OJOU>のデザイナー・プロデューサーとしても活動中。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。東京家政大学非常勤講師。名古屋芸術大学特別客員教授。(有)ホウ71取締役。父は作曲家の湯山昭。

 

=================================================================

■日時:11月3日(水・祝)21:00-

■会場:SUPER DOMMUNE(渋谷PARCO9階)

 〒150-0042東京都渋谷区宇田川町15-1

■チケット:3,000円(税込、30席限定)

 政府からの要請により、通常の約半分のお客様のご来場に限らせていただきます。

 ただいまチケット先行予約を受付中です。

 トップページのお問い合わせフォームからどうぞ

 https://www.bakucla.com/

 また、YouTube Liveでの配信も並行して行います。

 ご視聴はコチラから↓

 https://www.youtube.com/user/dommune

=================================================================

<新型コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>

・発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。

・エントランスで非接触体温計にて体温を計らせて頂き37.5度以下の場合のみご入場可能になります。

・感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。

・手洗い、うがいの励行をお願いいたします。

・お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

・会場にて万が一体調が悪くなった場合、我慢なさらずに速やかにお近くのスタッフにお声がけください。

・ご来場のお客様はカメラに映る可能性がございますので、ご了承のうえご参加ください。

・会場には、クロークやロッカーはございません。手荷物は少なめでご来場の上、ご自身での管理をお願いいたします。

 

・本イベントはDOMMUNEからの生配信を実施いたします。

 DOMMUNE YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/dommune)、もしくはDOMMUNE公式ホームページ(https://www.dommune.com)から無料にてご覧いただけます。

 Twitterでの実況も大歓迎です。#爆クラ、#DOMMUNEでのつぶやき、よろしくお願いいたします。

・生配信では、YouTubeのスーパーチャット機能による投げ銭を募っております。何卒サポートをよろしくお願いいたします。

・会場の関係などにより、開演時間が前後する可能性があります。予めご了承ください。