【完成】20220503爆クラ100_メインビジュアル_横位置.jpg

CONCEPT

コンセプト

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、湯山玲子主宰のプロジェクトは、ほぼ月1回のペースで、音響のいいライブハウスほかにて行われる定例のトーク&リスニングイベントです。2011年の5月にスタートした<爆クラ>は、2022年5月で100回を迎えます。コロナ禍になってから、会場を渋谷PARCO、9階のS//U/P/E/R DOMMUNEに移し、ライブはもとより、YouTube Liveによるライブストリーミングというチャンネルが加わり、より多くの人々に楽しんでもらうこととなりました。100回記念に際して、このたび、DOMMUNEとPARCOの協力の下、コンセプトである「クラシック音楽の新しい聴き方」を改めて見直し、様々な企画を盛り込みました。

 

キーワードとなるのは、①渋谷という場所 ②サウンドシステム ③歴史 の3点。クラシック音楽は、ほとんどが言葉に寄り添うことができない抽象的な音楽からなり、ポップスのようにビートやサビなどの分かりやすい要素や構造はなく、時間やその音が流れる空間を鑑賞するという、実は特殊な音楽ジャンル。そのクラシック音楽の魅力を「リスナーフレンドリー」で伝えるというフェスティバルです。