【完成】20220503爆クラ100_メインビジュアル_横位置.jpg

爆クラアースダイバー vol.4

「五月の渋谷の空を堪能してみる」

【Day/昼の部】

15:30〜17:00

<​10階>屋上

2018年から開始した爆クラの新企画、爆クラアースダイバー。「クラシックを野山に放つ」をコンセプトとし、今までに、vol. 1『瀬戸内海のサンセットを体感する船の音楽会』in岡山・児島、vol. 2『彫刻家のアトリエの中で、ステレオサウンドを聴く 〜ストラヴィンスキーとか、人の声とか』in東京・谷中、vol. 3『トンネルのクラシック 〜暗闇で聴く打楽器、声楽、器楽、そしてオーケストラの音響〜』in 愛知・愛岐トンネル群を実施してきましたが、今回は5月3日午後の渋谷PARCOの屋上から流れるクラシックの音響を、寝転んでもよし、眠ってもよしの自由な聴き方で、をACOUSTIC REVIVEの最高級のサウンドシステムと空と空気と渋谷のノイズが溶け込んだクラシックの音響を全身で味わってみる、サウンドトリップです。

そして、その選曲のただ中に、渋谷区に流れる午後5時の時報を取り入れた、細井美裕+松丸契『5時の鐘 《渋谷》』がオンエアーされます。自身の声を多重録音したサウンドを、刺激的なインスタレーションで展開している細井美裕と、新世代のサックス奏者としてそのデビューがジャズ界に、いや音楽界に衝撃を与えた松丸契とのオリジナル・コラボレーションに注目です。

5時の鐘 《渋谷》:細井美裕(サウンドアーティスト)、松丸契(サクソフォーン奏者、作曲家)

サウンドシステム : 石黒謙(ACOUSTIC REVIVE)

選曲 : 湯山玲子