bakucla_head.jpg
爆クラ! logo赤.png

湯山玲子presents

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する

トーク&リスニングイベント

kotringo_bakucla.jpg

2021年11月3日(水・祝)21:00~
S/U/P/E/R DOMMUNE

爆クラ! logo黒.png

<第96夜>

ダンス交響詩『ツバメ・ノヴェレッテ』をつくっちゃったので、クラシックの中に生息する森ガール的感性の話

ゲスト:コトリンゴ(音楽家)

​ゲストDJ:杉田元一(レコーディング・プロデューサー)

クラシック音楽の新しい聴き方を提案し続けている<爆クラ>ですが、この度、また新しい試みに挑みます。それは、「ポピュラー音楽ジャンルで活躍するアーティストたちに、クラシックのスタイルで楽曲を作ってもらう」というもの。すでに爆クラは、2016年と2017年に世界的なDJ/プロデューサー、ジェフ・ミルズ作の交響曲の日本におけるコンサートをプロデュースしていますが、そのコンセプトを本格的に展開させていこうとするもの。

その第一段がコトリンゴ作のダンス交響詩『ツバメ・ノヴェレッテ』。

今回の<爆クラ>は自作の初のオーケストラ化に挑んだ、コトリンゴさんにそのフレッシュな苦労話をお聞きするとともに、ツバメつながりで「鳥と森と少女」という実はクラシック音楽に頻出するモチーフを追求します。

tsubame_r1.jpg

2021年12月19日(日)
岐阜県・高山市民文化会館大ホール

爆クラ! logo黒.png

presents

ツバメ・ノヴェレッテ
コトリンゴ×首藤康之×

オーケストラ・アンサンブル金沢で送る、

新時代のダンス交響詩

コトリンゴが2013年に発表した、白いツバメを主人公にしたイマジナブルなトータルアルバムCD『ツバメ・ノヴェレッテ』をモチーフに、彼女自身がオーケストラ用にスコア化。ダンサーには音楽に対する感性が高く、音楽を身体に入れ込んで表現できる人、ということで、真っ先に思い立ったのは、モーリス・ベジャールなど一流の振付家からの熱いオファーを受ける一流のバレエダンサーでありながら、映画、演劇から歌舞伎まで、ジャンルを越えた活動を続ける、首藤康之。ビロードのような弦楽合奏の質感が非常に定評のあるオーケストラ・アンサンブル金沢の響きに、男声のオペラユニットとして挑戦的な活動を続けるTHE LEGENDの選抜メンバーが参加します。

​チケット発売:10月30日(土)~

​About BAKUCLA

爆クラ とは

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、湯山玲子主宰のプロジェクト。ほぼ月一回のペースで、音響のいいライブハウスほかにて行われる定例のトーク&リスニングイベントは、テーマ設定のもと選ばれた音楽を聞きつつ、ゲストとともに曲自体や周辺の文化、社会状況などを語っていく。

爆クラ晴れ豆.jpg
bakuclaindommune_sample.jpg
bakuclaed2_7.jpg

​About BAKUCLAEARTHDIVER

爆クラアースダイバー とは

「クラシック音楽を野山に放つ」というコンセプトのもと、最高の音響装置とともに、選び抜かれた曲たちをオンエアー、もしくはライブ演奏する。言わば、自然と環境のサウンドトラックであり、クラシック音楽の野外レイヴを実現するプロジェクト。選曲とプロデュースは、爆クラ主宰の湯山玲子、サウンドシステムはACOUSTIC REVIVEの石黒謙。

bakuclaed3_11.jpg
bakuclaed#1

SNS

最新情報はコチラでも

湯山玲子のすべて|湯山玲子公式サイト.jpg